藁工倉庫 − 土佐バル   高知

0
     
    このランプですよ。
    写真使わせていただきました。


    高知・江ノ口川のほとりに建つ、土佐漆喰の白壁と水切瓦のコントラストが美しい「藁工倉庫」。これらの倉庫群は周囲一帯が穏やかな田園地帯であった戦後まもなくに建てられ、(有)イケダによる藁製品の備蓄販売のために用いられてきました。
    高知の町は、戦後から綿々と続く様々な開発で古い建物や景観の多くが失われてしまいました。その点で、のべ13棟もの倉庫が建ち並ぶ藁工倉庫はまさに「最後の砦」とでもいうべき歴史的建築景観のひとつといえると私たちは考えています。
    (NPOワークスみらい高知 竹村利道)

    というような場所に高知県民立アートセンター”アートゾーン藁工倉庫”が12/23にオープンしました。
    藁工ミュージアム・蛸蔵・土佐バルと3つの建物が入ってるのですが、この土佐バルに照明をつかっていただきました。と思っていたら、サイトのトップページに写真が使われていました!今だけかも知れないので、ぜひみてみてください!

    この藁工倉庫は古い建物をリノベーションし、うまく再生されていて、こういうふうにして
    東京でも古いいい建物を残せていけたらいいんじゃないかと思ってます。

    高知に行った際にはぜひどうぞ。

    土佐バル
    http://warakoh.com/baru

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM